fluentd tutorialをこなしてみた

fluentdの公式ドキュメントにあるをチュートリアルを参考にしながら、 vagrant on ubuntu12.04上で試してみました。

前者はapache の access_log を fluentd 側で tail して mongodb に保存するといった内容で、

/etc/td-agent/td-agent.conf に input plugin と output pluginの設定を書いて、

 sudo fluentd -c /etc/td-agent/td-agent.conf

で、起動して、

ab -n 100 -c 10 http://localhost/

すると、mongodbに

-> % mongo
MongoDB shell version: 2.0.4
connecting to: test
> use apache
switched to db apache
> db["access"].findOne();
{
        "_id" : ObjectId("5164bfea56c02c14f8000001"),
        "host" : "127.0.0.1",
        "user" : null,
        "method" : "GET",
        "path" : "/",
        "code" : 200,
        "size" : 454,
        "referer" : null,
        "agent" : "ApacheBench/2.3",
        "time" : ISODate("2013-04-10T01:27:05Z")
}
> db["access"].count();
100

のようにデータが格納されます。

後者はruby から fluent-logger 経由で stdoutするといった内容で、 こちらも簡単に試すことができます。