vagrant + ubuntu12.04 + pootle

Pootleはオンライン翻訳支援ツールです。

OpenOffice.orgプロジェクトなどでも利用されているようです。

macにpythonを入れるといろいろ汚れてしまいそうなのでvagrantに入れます。(rbenv的なツールってあるんだろうか)

vagrantの設定

mkdir path/to/pottle
cd path/to/pottle
vagrant box add precise64 http://cloud-images.ubuntu.com/vagrant/precise/current/precise-server-cloudimg-amd64-vagrant-disk1.box
vagrant init

vim Vagrantfile

Vagrantfileを編集

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "precise64"
  config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "2048"]
  end
end

vagrantを起動してSSH

vagrant up
vagrant ssh

localeの設定

sudo update-locale LC_ALL=en_US.UTF-8
exit
vagrant ssh

pootleのセットアップ

Quickstart — Pootle 2.5.1-alpha1 documentation http://docs.translatehouse.org/projects/pootle/en/latest/server/installation.html

にしたがって設定

sudo aptitude install python-pip
sudo aptitude install python-dev
sudo aptitude install build-essential
sudo aptitude install libxml2-dev libxslt-dev
sudo aptitude install python-lxml

sudo pip install virtualenv
sudo virtualenv /var/www/pootle/env/
source /var/www/pootle/env/bin/activate

sudo pip install pootle
pootle init
pootle syncdb --noinput
pootle initdb
pootle start

ここでhttp://192.168.33.10:8000/にアクセスするとconnection refusedになるので、

pootle run_cherrypy --host=0.0.0.0

といった感じで起動しなおしてみました、本格運用するならnginx + wsgiで動かしたほうが良さげです。

f:id:kanetann:20131112161148p:plain

Pootleを触ってみたくて入れたんだけど、公式のデモサイトがあるってことに後から気づいちゃった。

Pootle 2.5-beta http://pootle.locamotion.org/