LibreOfficeの高速化

タブを切り替えただけで読込中になることが多発していて精神力を削られてます。

LibreOffice (日本語) - ArchWiki https://wiki.archlinux.org/index.php/LibreOffice_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E)#LibreOffice_.E3.81.AE.E9.AB.98.E9.80.9F.E5.8C.96

設定によって LibreOffice の起動時間やレスポンスを改善することができます。ただし、いくつかの設定は多くの RAM を使用することになるので、気をつけて使って下さい。 全て Tools > Options からアクセスできます。
メモリ:
「元に戻す」ステップの数を 100 以下に減らします、20 か 30 ステップくらい。
グラフィックキャッシュの、「LibreOffice用に使用」を 128 MB (デフォルト値は 20MB) に設定します。
オブジェクト当たりのメモリを 20MB (デフォルト値は 5MB) に設定します。
LibreOffice をよく使う場合、クイック起動を有効にします。

とあり、MacBookProのリソースに余裕があるので10ステップ、256MB、40MBに設定してみたら、いきなりきびきび動作しだしてウケる。