今週(10/15)の社内Swiftもくもく会

Swiftから[AppName]-Bridging-Header.hを経由してObjective-Cで書かれたCocoaPodsライブラリを呼び出してみた。

[AppName]-Bridging-Header.hはXcodeのFile > New > File > Cocoa Touch Classを選択して、

  • Class名に[AppName]-Bridging-Header.h
  • LanguageにObjective-C

を選択してヘッダファイルを作成して、

プロジェクト直下にある[AppName]-Bridging-Header.hに

//
//  Use this file to import your target's public headers that you would like to expose to Swift.
//

#import <AFNetworking/AFNetworking.h>
#import <AFNetworkActivityLogger/AFNetworkActivityLogger.h>

のように#import文を追加してビルドしなおすと使えた。

簡単に使えるのでSwift版のライブラリを待つ必要がない感じがした。けど、実際はどうなのかはやってみるしかなさそう。