ルンバS9+とBraava jet m6を買うかどうか?

Roomba s9+ & Braava jet m6 | アイロボット公式サイト | iRobot https://www.irobot-jp.com/set/s9_m6/

ルンバS9+は186780円

ブラーバm6は76868円

186780円+76868円=263648円を払えば床掃除が完全自動化される?

同時に購入すると239800円になる。

Imprint®リンクテクノロジーにより、ルンバ s9+ とブラーバ ジェット m6 の連携が可能。
s9+ が掃除機掛けをした後に、m6 が自動で拭き掃除を開始します。
この一連の動作で人の手を煩わせることはありません。

ロボットが自動的に掃除してくれる、24万円払えば一生床掃除しなくていい、孫正義に習うならスマボだ。

しかもルンバS9+は

最大60日分の本体ダスト容器のゴミを自動でクリーンベースに収納。クリーンベース内のAllergenLock紙パックで、花粉、カビ、ダニを99%封じ込めます。

これを高いとみるか?安いとみるか?明らかに安い。

家政婦は床掃除だけではなく水回りも掃除してくれるし、食事や雑用もお願いできるので一概には言えないが、比較して5年償却で月4000円、以降は無料、電気代はもちろんかかる。

買わない理由がないとまで思えるが個人的にはブラーバジェット240 32868円で十分だ。

古いブラーバを持っていたけど何を血迷ったかメルカリに出品してわりとすぐ売れてしまった。

以降、ドン・キホーテで買ったクイックルワイパーで床掃除しているがそれはそれで楽しかった、でもすぐに面倒になってしまったし古いブラーバをメルカリに出品してしまったことを激しく後悔した。

やれ断捨離だ、ミニマリストだということですぐメルカリに出品して売れてYATTA!YATTA!とカタルシスを得てしまうのであったが手放してはいけないモノだってあるのだ。

距離をおいて初めて実感する価値というものを噛み締めながらブラーバジェット240をAmazonでポチるのであった。